自己破産すると奨学金返済は免責になるの?【自己破産徹底ガイド】

自己破産すると奨学金返済は免責になるの?【自己破産徹底ガイド】

自己破産すると奨学金返済は免責になるの?【自己破産徹底ガイド】

教育を受けるためにもある程度のお金が必要になります。お金が用意できない家庭においても他の人と同じように教育を受けられる機会を与えるためにあるのが奨学金制度です。奨学金制度の中には返済が必要ないものもありますが、ほとんどの場合には卒業後に奨学金を返済していくことが必要になります。もっとも一般的なものでは利子がかからない第一種と利息がかかる第二種があります。利息が0.5パーセントで780万円のお金を借りた場合には822万円を返済することが必要になります。基本的には卒業後20年間で返済するため、毎月の支払いは3万4200円になります。利息が上限の3パーセントの場合には1000万円を超える返済額となるため、毎月の支払いは4万3000円になります。実は奨学金という制度は社会に出た時点で大きな借金を急に背負うことになるのと同じことなのです。そのため、働き始めの給料が安い状態では非常に返済は大変であるといえます。奨学金の金利は安く設定されていますが、もしも返済を延滞してしまうと年率で10パーセントのペナルティがつくようになります。そのため延滞が続くと金額はどんどん大きくなり、返済不可能な状態に陥ることになるのです。では奨学金に自己破産は適応されるのでしょうか。自己破産を行えば他の借金と同じように、免責の許可が下りることで返済義務はなくなります。しかし、奨学金は多くの場合が両親が保証人になっています。そのため、自己破産をすると両親に多大な迷惑をかけることになります。