自己破産のデメリットを知ろう~賢く自己破産するための基礎知識~

自己破産のデメリットを知ろう~賢く自己破産するための基礎知識~

自己破産のデメリットを知ろう~賢く自己破産するための基礎知識~

自己破産した場合、一定以上の財産を処分しなければならないデメリットがあります。具体的には99万円を超える現金と20万円を超える価値のある資産は処分の対象になります。そのため、家や土地、車を失うことが多いです。生活必需品は処分の対象外になるため、通常の家具は手元に残せます。しかし、持ち家の場合は引っ越しにより狭い家に移ることになり、残せた家具も結果的にある程度は処分しなければなりません。
自己破産すると、今後の生活に対する悪影響があるデメリットもあります。自己破産したことは個人信用情報機関のブラックリストや官報に記載され、10年間は金融業者が把握できるようになります。金融業者としてはリスクの高い顧客にお金を貸したくないため、自己破産していることが分かると審査を通さないことが多いです。ただし、記録されるのは破産した本人だけであるため、家族がクレジットカードを作り、その家族会員になるという方法があります。家族会員は本会員の信用情報で審査するため、本会員が支払いの遅延を起こしていなければ家族がブラックリストに載っていても影響しません。
携帯電話の使用料を滞納していた場合、これも債務になり、自己破産の債務整理の対象になるため、携帯電話自体は手元に残せても利用できなくなるデメリットもあります。携帯電話の利用可否を判断する不払い情報は債務の免責では情報は削除されません。しかし、免責後に任意で返済することはできるため、完済すれば不払い情報がなくなって利用できるようになります。