自己破産費用の相場とは?【自己破産を考えている人は要チェック】

自己破産費用の相場とは?【自己破産を考えている人は要チェック】

自己破産費用の相場とは?【自己破産を考えている人は要チェック】

借金の返済に対してまったく目処が立たなくなったさいに行われる法的な救済措置が自己破産です。
自己破産をするメリットとしては一切の債務が免除されることですが、デメリットとして20万円以上の財産および99万円以上の現金があれば没収され、また一定期間、特定の職業に就けなくなり、官報に住所と氏名が掲載されます。もちろん信用情報機関には事故情報が登録され、ブラックリスト入りするため7年から10年間は新規の借り入れやクレジットカードの審査に通らなくなります。
また自己破産をするにしても裁判所が、申し立てた者が破産するに至る事実であるかを認める必要がり、それが認められなかった場合には自己破産をすることができません。
自己破産を行うにも費用が必要で、裁判所に申し立てで必要な収入印紙代や郵便切手代などで2万円ほどが必要で、場合によっては予納金を納める必要があります。予納金は官報に掲載する費用や、処分すべき財産があった場合は最低でも20万円から50万円が必要です。なお、処分すべき財産がない場合は予納金は不必要であり、個人がすべて手続きを行った場合は裁判所に対して2万円ほどの費用で自己破産することができます。
しかし、実際には専門的な知識も必要であり、多くは弁護士や司法書士に依頼することになります。弁護士の相場は20万円から40万円であり、司法書士の相場は15万円から30万円といわれています。相場はあくまで目安であり、より複雑な債務を抱えている場合には相場以上の費用が掛かってしまいます。